いけばな日和 - 残暑 -

2019年9月2日

 

今朝、窓を開けると、空気が夏から秋に季節が移っていくのを感じましたが、
蝉の声はまだまだ盛んで、残暑は今日も厳しいようです。
皆様、お元気ですか?

 

9月からは草月のイベントが次々にあります。
夏休みモードから気持ちも切り替えて、拝見します。

 

9月4日(水)〜24日(火) 玉川髙島屋S・Cで、恒例の「草月の秋」が開催されます。
家元の作品は本館1Fグランパティオで展示。
神奈川・東京西・東京南支部、そして、茜ジュニアクラスの展示もあります。
15日(日)14時からは、茜ジュニアクラスのパフォーマンスを本館1Fグランパティオで
開催予定。
1989年に開講された茜ジュニアクラスは、今年30周年を迎えたそうです。

 

また、JR両国駅(総武線)では「花の大江戸  草月いけばな展」が開催。
幻の三番線ホームが花の舞台になります。
会期は、9月12日(木)〜14日(土)。
埼玉県支部の役員も何名か出品します。
皆様、お見逃しなくご覧ください。

 

埼玉県支部では、12月の研究会の準備を重ねています。
今月末には会員の皆様にご案内をお送りします。
12月8日(日)草月会館での研究会です。
「令和のお正月 新感覚で初飾り」というテーマで、岡崎忍先生にご指導をいただきます。
会員の皆様のお申込みをお待ちしております。

 

榎本紅萩

いけばな日和 ― 暑中お見舞い申し上げます ―

2019年7月31日

長かった梅雨も明け、これからが夏本番ですね。

 
7月中旬に埼玉県支部では広報誌を発行いたしました。
会員の皆様、ご覧いただけましたでしょうか。
広報誌の「次回予告!」やホームページの「今後の支部活動」にありますように、
12月8日〔日)に本部主催研究会の開催が決定しました。
講師は岡崎忍先生です。
申込み方法など詳細は9月にお知らせいたします。
どうぞ楽しみにお待ちください。

 
先週、草月会館で開催された「サマーセミナー2019」に参加しました!
1つのテーマを丸一日かけてじっくり取り組み、
それぞれのいけばな活動をより豊かにすることを目指して開催されています。
今年のテーマは、「余白の美、融合」。
アーティスト、本部講師の先生方にご指導いただき、
家元も各クラスをまわってくださり、
とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

 
素材との出会いを大切にし、空間を考える。
習得した技術を更に、磨いていきたいと思います。

 
暑い夏。
風物詩を味わいながら、過ごしてみます。

 
榎本紅萩

いけばな日和  ― 梅雨晴れの日に ―

2019年6月29日

6月21日に草月ホールで行われた 「音楽座ミュージカル」と草月のアトリエ【座・草月】とのコラボレーションは、

私達を日常とかけ離れた世界に連れていってくれました。

【座・草月】のパフォーマンスは、演技にも磨きがかかり、拍手喝采!でした。

 

さて、今後もたくさんの展覧会が予定されています。

7月4日には、「第101回 草月いけばな展」の出品説明会があります。

どのような展覧会になるのか、わくわくしています。

 

草月会埼玉県支部では、7月中旬に広報誌を発行します。

会員の皆様、もう暫くお待ち下さい。

 

それにしても、蒸し暑いですね。

梅雨晴れの日に、ラベンダー畑に足を運びました。

ラベンダーの香りにはリラックス、快眠などの効果があります。

花にそっと触れて、手に移った香りでリフレッシュしました。

皆様、どうぞお身体お大事になさって、上手に気分転換をして下さい。

 

榎本紅萩

 

いけばな日和 ― 自分を更新! ―

2019年6月5日

紫陽花の花も、ほんのり青やピンクの色をつけて梅雨入り間近です。

 

6月1日(土)に「家元講習会2019初夏」が草月ホールで開催されました。

テーマは、「自分を更新する!」。

 

家元の登場に音楽があり、耳をすますと「あかね」と聞こえます。家元は、爽やかな笑顔で登場。

「令和」になって初の講習会。家元の講義に身を乗り出して、メモを取りました。

大宮エリーさんの「虹のくじら」の絵を前に家元が即興いけばな。絵本を見ているような気持ちになりました。

また、家元、本部講師によるデモンストレーション。

花しょうぶ、かきつばたは、基本的ないけかたと自由花。

七夕の合作では技術指導もあり、試してみたい!という声がありました。

どのテーマも作品作りに欠かせないもので、大変勉強になりました。

 

見て、感じて、学んで。

そして、自分を更新できたら…素敵ですよね。

蒼風オブジェ展示をはじめ沢山の展示や販売もあり、活気溢れる草月会館でした。

 

秋にも、家元講習会が開催される予定です。

 

榎本  紅萩

いけばな日和 - スタート! ー

2019年5月8日

緑豊かな季節になりました。
皆様いかがお過ごしですか?
令和という時代を迎え、草月会埼玉県支部は、新しい時代でもいけばなを追求し、楽しんで参りたいと思います。
皆様が益々ご活躍し、よい時代となりますようお祈り申し上げます。
さて、令和元年、埼玉県支部の支部長となりました榎本紅萩です。宜しくお願い致します。

多くの先輩方が築いてこられました埼玉県支部を大切に受け継いで参ります。

 

5月5日6日、  「新たな時   新たな風」というタイトルで、ホテルブリランテ武蔵野のロビーで

いけばな展を開催いたしました。

ご出品、ご来場いただきました皆様、有難うございました。お世話になりました多くの皆様に感謝致します。
また、 6日には、総会を滞りなく終了することができました。

岡本和絮支部長、任期を終えられた役員・運営委員の皆様、ほっとされていますね。
お疲れ様でした。

 

これからは、私を含めて13名の新役員・新運営委員で、力を合わせて参ります。
会員の皆様に喜んでいただける企画を提案し、外に向かって、草月の魅力を発信することも行っていきたいと思います。

会員の皆様には、今後も一層、支部活動にご支援賜りますようお願い致します。

榎本紅萩