いけばな日和  ― 梅雨晴れの日に ―

2019年6月29日

6月21日に草月ホールで行われた 「音楽座ミュージカル」と草月のアトリエ【座・草月】とのコラボレーションは、

私達を日常とかけ離れた世界に連れていってくれました。

【座・草月】のパフォーマンスは、演技にも磨きがかかり、拍手喝采!でした。

 

さて、今後もたくさんの展覧会が予定されています。

7月4日には、「第101回 草月いけばな展」の出品説明会があります。

どのような展覧会になるのか、わくわくしています。

 

草月会埼玉県支部では、7月中旬に広報誌を発行します。

会員の皆様、もう暫くお待ち下さい。

 

それにしても、蒸し暑いですね。

梅雨晴れの日に、ラベンダー畑に足を運びました。

ラベンダーの香りにはリラックス、快眠などの効果があります。

花にそっと触れて、手に移った香りでリフレッシュしました。

皆様、どうぞお身体お大事になさって、上手に気分転換をして下さい。

 

榎本紅萩

 

いけばな日和 ― 自分を更新! ―

2019年6月5日

紫陽花の花も、ほんのり青やピンクの色をつけて梅雨入り間近です。

 

6月1日(土)に「家元講習会2019初夏」が草月ホールで開催されました。

テーマは、「自分を更新する!」。

 

家元の登場に音楽があり、耳をすますと「あかね」と聞こえます。家元は、爽やかな笑顔で登場。

「令和」になって初の講習会。家元の講義に身を乗り出して、メモを取りました。

大宮エリーさんの「虹のくじら」の絵を前に家元が即興いけばな。絵本を見ているような気持ちになりました。

また、家元、本部講師によるデモンストレーション。

花しょうぶ、かきつばたは、基本的ないけかたと自由花。

七夕の合作では技術指導もあり、試してみたい!という声がありました。

どのテーマも作品作りに欠かせないもので、大変勉強になりました。

 

見て、感じて、学んで。

そして、自分を更新できたら…素敵ですよね。

蒼風オブジェ展示をはじめ沢山の展示や販売もあり、活気溢れる草月会館でした。

 

秋にも、家元講習会が開催される予定です。

 

榎本  紅萩