花おりおり ― 「花・MUGEN」 -

2017年3月10日

3月3日 快晴、草月創流90周年記念埼玉県支部いけばな展の初日を迎えました。

会場には、お祝いの32作品が並び、草月の魅力あふれる〝いけばな″で春爛漫です。

特別企画の第一弾は「お家元の公開制作」です。春の日差しが降りそそぐ能舞台で

制作開始です。お家元は、舞台中央に竹を組み、その中にモクレン・レンギョウ・椿・

シャクナゲをいけ、次に割竹の帯で作品を構成されました。作品は制作が進むにつれ

大きく舞い始め、華やかな花空間でお家元と客席がひとつになる特別なひと時となり

ました。

翌日の特別企画第二弾は「能楽上演」です。お家元が制作された作品の舞台で、金春流

能楽師山井綱雄氏に「羽衣」を舞っていただきました。日本文化を代表する「いけばな

「能」が融合した舞台は幽玄な美の世界に包まれ、お客様も感動の余韻に浸っている

ようでした。

お家元にはご多忙のところ、二日に渡ってお越しいただき、心より感謝しています。

季刊誌「草」には、お家元が草月創流90周年にあたり、一人でも多くの人が花で「私」

表現する楽しさを沢山の仲間と分かち合い、外に向けて草月いけばなを発信して欲

書かれていました。お家元の言葉を胸に準備を進めた創流90周年記念支部展

「花・MUGEN」。ご出品いただいた皆様、ご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げ

ます。埼玉県支部一員として、思い出に残る記念の支部展となりました。

5月には総会、支部講習会を企画しています。皆様のご参加をお待ちしております。

 江川 祥    

コメントは受け付けていません