支部長・喜怒哀楽・紅葉

2006年11月26日

色鮮やかな紅葉の時期、錦に輝くもみじは、四季ある日本ならでの代名詞!。
いけばなに携わるものにとっても 一度はいけて見たい花材です。
ただ、美しさははかなく、時間の経過とともに枯れたり、葉が落ちてしまいます。
この時期の本部講習会では、度々、素晴らしい紅葉が登場しました。
会場がどよめくほどの紅葉を、宏先生は、真剣なまなざしとハサミのリズムで、制作されてました。
照明効果によって、より一層輝く大作は、ダイナミックで艶やかな作品でした。
2006.11.26 草山

コメントは受け付けていません